~地元っ子とサッカー(イエメン)~

25DEC2010(旅行:3日目) ~その2~

a0159697_16101929.jpgコーカバンを後にした僕らは、次のシバーム(Shibam)の街で昼食をとることにした。
ガイドのオジサンに連れられて入ったレストランはすごくキレイで、壁にはイエメンのサレハ大統領の写真が飾られていました☆

a0159697_16124076.jpg

僕らはしばしの休憩を楽しんでいると、何かね次から次へと料理が運ばれてきた。
それもね、炭水化物が大半を占める料理ばっかり 笑
その量、10皿以上!!
もうね、ただただ苦笑い 笑
a0159697_16151553.jpg

僕らが注文した訳やないんやけど、ごめんなさい、大半を残すことになりました。
もちろん、こんだけ料理が来たんやから代金も高いよね。
合計YR3000(約¥1200-、一人:約400-)。
a0159697_16175548.jpg


食後は早々にシバームを離れ、次の町ハバーバ(Hababah)へ☆
ハバーバの町の入り口には貯水池があり、周りを家々が囲んでいました。
a0159697_16212862.jpg

a0159697_16215866.jpg

ここでの滞在時間は、なんと15分しかなくって全然楽しめなかったーーー!
貯水池のほとりでお喋りしている人たちに混ざりに行きたかったのになぁぁぁぁ。
a0159697_16234553.jpg


ハバーバでの思い出を作れないまま、車で20分移動し、このツアー最後の街スィーラ(Thilla)にやってきた♪
スィーラも城壁に囲まれた要塞都市。
僕らが街に到着した途端、いくつかのお店が急に開店しだした!
30分で出発だからな。
ガイドのオジサンにそう言われて、慌てて路地裏散策を開始した!
すぐに、この街の若者に捕まり、ガイドを申し出られた。
でも、めんどくさかったのでマイペースにかわして散歩を楽しんだ☆
a0159697_16274669.jpg

a0159697_16282273.jpg

先ほどのガイドを申し出た若者はずっと付いてきて、自分の店に寄ってくれとしつこかった。
(ちょっと!自由時間は30分しかないんやぞ!!)
と思いながらも、ずーっと付いてくるもんやから、根負けして店に行ってあげた。
でも、品揃えは思ったよりも良くて、壁に飾る用にネックレスを買おうと思ったら、何と$60(約¥5200)と言うではないか。
馬鹿じゃねぇの?と思い、交渉の末YR2000(約¥800-)で購入。
それでも、高いんじゃないかなぁと思ったけど、まぁ一応納得の値段やから、別にいいや☆
で、再び散策しようとしたら何を調子に乗ったのか、次の店も見てと言い出した。
もう、さすがに嫌やったから帰る!って言って車に戻った。
それでもずーっと付いてきてたけど、無視!
でね、車に戻ると広場でサッカーしてる人たちを発見!
a0159697_16353394.jpg

a0159697_1636431.jpg

男の子、女の子、青年、オジサンと色んな人たちが一つのボールを蹴って遊んでた!
これは混ぜてもらわねば!!
と思い、割と自然と混ぜてもらって、みんなでワイワイ遊んでた♪
遊んでたんだ。。。
すると、よく見ると、さっきまで店に来い来い!とうるさかった若者も混じってるじゃないか!
さっきまでの様子とは違い、彼は今、純粋にみんなとサッカーを楽しんでいる。
何て切り替えの早い人だ!笑
そう思いながらも、僕もその状況と、今のサッカーが楽しかったから、一気にさっきまで少しイライラしてたのがバカらしく思えて、少しイエメン人の性格を感じた気がした 笑
僕はもう、この街を離れないといけない時間になったので、みんなにサヨナラした♪
みんなと握手して回ってたら、女の子には拒否された 笑
まぁ予想はしてたけど、一緒にサッカーを楽しんでた女の子やったから握手できるかなぁって思ったけど、無理やった。
でも、すごく申し訳なさそうな顔をされたから、すっごく笑顔で別れを告げた☆
思いのほか、スィーラで楽しい時間を過ごし、僕らはサナアに戻った。
ツアー出発から約9時間半、ガイドの運転手さんご苦労様でした♪
a0159697_1648922.jpg

a0159697_1650516.jpg夜のサナアを散歩して、夕食に★
この日はオムレツとレバー肉、ナン、マンゴージュースを楽しみました。
レバー肉が最高に美味しかった 笑

宿に戻り、なんと55時間ぶりにシャワーを浴びて、11:00P.M.頃に寝ました☆
疲労が蓄積されていっているのを感じながら・・・。

※パーミット情報(2010.12.25時点:サナア~アル・マフウィート)
アル・マフウィートまでパーミットチェックは計3回(片道)ありました。
パーミットには多分、通行する日程、移動手段、目的地が記載されていると思いますので、バスで行くか、車で行くか等の旅程をしっかり立て、その通りに移動しないと追い返されると思います。
お気をつけ下さい。


ランキングに参加しています。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | # by binbinbizen | 2011-07-15 17:00 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~イエメン地方都市ドライブ(イエメン)~

25DEC2010(旅行:3日目) ~その1~

a0159697_111344100.jpgこの日は7:00A.M.からマーシーツアーに行く予定だったから、6:30A.M.に起きたら旅のパートナー「アツキ」さんは起きていた。
どうやら早朝に目が覚めたらしい。
大騒音によって・・・。
ん?何かあったんかなぁ?と思ってたら、早朝4時~6時頃まで大音量でアザーンが聞こえてきたらしい。
「窓際に寝てて、全く起きなかったの、すげぇっすね!」って。
そう言われましても・・・。笑

さてさて今日は日本にいる時から行ってみたいと思っていた、アル・マフウィート、シバーム、コーカバン(カウカバン)方面へのツアーなのだ☆
景色は絶景!見渡す限りの岩山にポツポツと植物と家々。
ガイドの運転手さんが結構細かく、ビューポイントで停車してくれる。
a0159697_11285782.jpg

a0159697_11363521.jpg

でもね、岩山の景色なんて思ってる以上にすぐに飽きてくる。
それよりもドライブ途中で通る小さな町のイエメンの日常風景の方が見ていて楽しい☆
a0159697_11331640.jpg

a0159697_1138750.jpg
a0159697_11385189.jpg

a0159697_11394254.jpg途中、小さな町で朝食を食べる事に☆
メニューはナンみたいなパン、カレー、シャイ。
結構お腹減ってきてたから、これが美味しいのなんの!
昨夜はトマトいっぱいソースとケバブやったから、トマト嫌いの僕は昨夜はあんまり食べれなかった。
だから、ここではお腹いっぱい食べれて幸せやった♪

さてさて再びドライブ。
また、延々と岩山と時折小さな町を挟みながら・・・。
飽きたと言っても、それなりに楽しんで風景をぼーっと眺めてた。
同行者のアツキさん、オジサンはちょくちょく寝てた 笑
後になって思えば、僕も寝て疲労回復に努めれば良かったなぁって思った。
さて、サナア出発から3時間程経ったところで目的地アル・マフウィート(Al-Mahwit)に到着♪

アル・マフウィートは絶壁にある城塞都市。
a0159697_1261425.jpg
a0159697_1265131.jpg

↑この写真ではどこが絶壁??って思うでしょうけど、次の写真をご覧ください。
a0159697_1292150.jpg
a0159697_1294827.jpg

ね?断崖絶壁の城塞都市でしょう。
これを撮影した別の山で軍人さんに会って、ひたすらムスリルについて説明を受けました。
双方ともに語学力に乏しいため、なんとなぁぁくしか分かりませんでしたけどね!!

次に到着したのは出発から5時間後。コーカバン(カウカバン、Kawkaban)♪
コーカバンも崖の上の町で、この後行く崖下の街シバームの、交易で栄えた経済力によって支えられている。
一方シバームにとってのコーカバンは有事の際の逃げ場となっており、双方支えあって成り立っているらしい。
a0159697_12332685.jpg

a0159697_12342516.jpg

それがコーカバンの町の入口に行くとよく分かる。崖の上に強固な城壁が今でも残っており、下を覗くとより一層コーカバンの町の高さを感じる事が出来た。
a0159697_12372666.jpg

町の中に入ると殺風景な風景が広がっていた。
ボロボロの建物に加えてひと気が無かった事が原因なんだろうね。
a0159697_1345914.jpg

a0159697_12464561.jpg

コーカバンの貯水池で降ろしてもらい、アル・マフウィートでは出来なかった町中散策!!
さてさて遊ぶぞーーー!
アツキさんと路地を散策していると、子供3人発見!!
何して遊んでるんかなぁって思って近づいてみると、藻を投げ合って遊んでいた 笑
a0159697_12532141.jpg

おもろいやんけ 笑
仲間に入れて欲しかったけど、まだまだ路地散策を続けたかった僕は、この場をアツキさんに任せて1人で散策再開☆
a0159697_12554148.jpg

a0159697_12563258.jpg

a0159697_12571955.jpg

てくてく散歩しながら家の壁の中を撮影してたら、上の写真が撮れたんやけど、きっとトイレ後やんね?笑
絶対トイレ後やと思う!
イエメンのトイレは紙が無いから、用が済んだらお尻を水で洗うから、その時に立ち会ったんやと思う!笑
で、その後もてくてく歩いてたら、この町の子供に声をかけられた☆
a0159697_1324999.jpg

最初はこの子達4人にロバを披露されたりしてたんやけど、気付いたら10人位に囲まれて質問攻め!笑
とにかくアラビックしか話さないから言ってる事理解できんのやけど、めっちゃテンション上がって終始笑いっぱなし♪
英語の教科書を見せられて、頑張って意思疎通☆
他の教科書も見せられたけど、何の教科書か分からない!!
だって、全部アラビックで書いてるから教科が何なのかも特定できない!
でもね、子供たちはすごく元気で、目が澄んでて気持ち良かった!
なんとね、スナック菓子までくれた 笑
しかも美味しかった!
しばらくすると、遠くから車のクラクションの音が。
あ、出発かな?そう思い、みんなにサヨナラして走って車の方へ行くと、みんなが車に乗って僕を探していた。
やっぱり自分の足で散策するのが一番楽しいね♪
だから、僕にとってはアル・マフウィートの街より小さなコーカバンの方が楽しかったな☆

続く・・・。


ランキングに参加しています。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | # by binbinbizen | 2011-07-08 13:15 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~未知の国への旅(イエメン)~

23DEC2010(旅行:1日目)

今回はカタール航空☆
関空11:50P.M.発でドーハで乗り換え♪


24DEC2010(旅行:2日目)

a0159697_23275952.jpg5:00A.M.過ぎにドーハの空港に到着。
大きな空港ではありませんでしたが、過ごしやすくて好きかな?
まぁ、飛行機の設備とか空港とかあんまり興味がある方じゃないので、次のイエメン行きの飛行機の時間まで5時間位あったけど、ずっとネットしてた。
初めて旅行に持って行ったスマートフォン、意外と便利やね。

そんなこんなでイエメンへ!
初めてのアラブ!アラビック!ってか、イエメンって何があんの??笑
って気持ちでワクワクしながら飛行機に搭乗しました☆
a0159697_2359723.jpg

そんでイエメンに到着したんやけど、入国審査めっちゃ楽やった!
イエメンの首都、サナアの空港はめっちゃ小さくてこじんまりとしてたから、だらだらと入国審査されるのかなぁって思ってたから拍子抜け。
で、この空港でこの旅のキーマン「アツキさん」に出会う。
荷物が出てくるん待ってたら話しかけられて、一緒に旅をする事に。
彼は当時学生さんで僕より歳は下ですが、旅では大先輩。
いろんな国に旅行されていて、学ぶ事が多かった。
で、空港でお互いの今後の予定を確認。
結果・・・。
二人とも今後の予定どころか、今晩の宿すら未定!
まぁ今までの旅でも宿は毎回現地調達やったけど、今回のイエメンに限っては日本にいた時に得られる情報が少なかったから、ってのもあったんやけどね。
でまぁ、イエメンの情報を得たいという思いから、日本人が多く集まる「Manakha Tourism Hotel」に行く事で合意。
んで、日本にいる時に調べてたイエメンの国内線を扱ってるオフィスが空港内にあるので探すけど、わからん。
だって今日、金曜日やから。
イスラム圏の国は金曜日が祝日。
だから何処のオフィスも閉まってて、わからんかったんよ。
ソコトラ行きのチケットを購入したかったんやけど断念して、空港内の両替屋は開いてたから、少しイエメン通貨に両替。
そこで更に日本人の51歳のオジサンがパーティーに加わりました。

さてさてやっと空港から出てサナアの中心部へ行く事に。
この辺くらいからかな?
3人で動くなら!って僕の思考回路を停止したのは。 笑
考えるんめんどくさいし、ついていけば良いや。って思ってた。 笑

とりあえず空港からサナア中心部まで行くにはダッバーブ(乗合バス)に乗ってハサバへ行って(YR40=約¥16-)、ハサバでダッバーブを乗り換えてサナア中心部のタハリールまで(YR30=約¥12-)行くんやけど、ただただついて行ってただけ。笑
a0159697_0203229.jpg

ダッバーブは中古のハイエースで、そこに人が乗れるだけ乗るスタイル。
車内ではめちゃくちゃ話しかけられる。
ハサバで乗り換えるバスを探していたら、イエメン人男性がいきなり当たり前の様に案内を始めた。
その人、何か忙しそうに見えたのに、やたら丁寧に案内してくれる。
あー、お金要求されるんかなぁって思ったら、案内してくれて去って行った。
え?何なの?普通なん?
そのオジサン、自分の用事で忙しそうやったのに、そっちのけで案内してくれた!
ここポイントね。何のポイントかと言うと、密かにテンション上がったポイントね。
ただただ無心で後をついて行ってただけやけど、この瞬間めっちゃテンション上がったからね!笑

んで、「Manakha Tourism Hotel」に到着☆
アツキさんと2人で一泊YR1400(1人:YR700=約¥280-)。
で、ここに泊まる日本人はほとんど会ってるであろう、マーシーと出会った。
数々のブログで賛否両論の彼。
さてさて、僕らはどう感じるだろうか。
a0159697_0291161.jpg僕としては旅行初日は移動疲れを回復したいから、いっつも初日はのんびり周辺散歩に徹するんだけど、後をついていく楽な道を選んだ僕はアツキさん、オジサンと3人でワディ・ダハールとロックパレスに行く事になった。
3人でタクシー1台に乗りこんでかかった費用はYR3000(約¥1200-、1人:約¥400-)。

←マーシーじゃないよ、タクシーの運転手!

宿の値段からしたら高かったけど、行きたいとこやったし行ってきました(パーミット不必要:H22.12.24時点)。
a0159697_035299.jpg

a0159697_0382715.jpg

ロックパレスに到着したんやけど、入場料が地元民はYR150(約¥60-)やけど外人はYR1000(約¥400-)。
そんなに入りたい気分でもなかったから、入らずに周りをうろうろしてました☆
a0159697_0421486.jpg

イエメンでは、特にサナアではカートと呼ばれる葉っぱを噛んでる男性を多く見かけます。
カートとは?←ここのHPに詳しく書かれています。
ここロックパレスでも多くの男性が日陰でカートを噛んでいました。
ほんと、仕事してないの??
て思うくらい、ぼーっとしてひたすら噛みながらお喋りしています。
僕もおすそ分けをいただいたのですが、マズイ!めっちゃマズイ!
で、写真をよく見てもらうと分かるんですが、みんなお腹に短刀を入れてるんです。
これはジャンビーアってやつで、僕もここワディ・ダハールでジャンビーアを$10(約¥870-)で購入♪
これ、欲しかったんよね~☆

ワディ・ダハール・ロックパレスのプチドライブを終え、宿に戻ってマーシーにソコトラチケットを相談すると、すぐにFelixの本社に連れて行ってくれました!
本社ビルには職員が数名いて、ソコトラ島までのチケットを無事購入!
サナア発は満席だったから、2日後のアデン発で購入できました☆
でも、アデン→ソコトラ→サナアやと、つまらんねぇって話しになって、購入したのはアデン→ソコトラ、ソコトラ→ムカッラ、サユーン→サナアの3便で$329(約¥28500-)。
さて、ここからが大変!
アデンまでのバスチケットとパーミットの準備、ソコトラでのガイドの手配、ムカッラ→サユーンまでのパーミットの手配と、準備が大忙し!
でも、パーミットはマーシーが手際良く手配してくれて(無料ですが、パスポートとビザのコピーが必要。ビザのコピーはイエメン入国スタンプが入った物。)、アデンまでのバスチケットも無事購入できました(YR2000=約¥800-)☆
ソコトラ島では3日間滞在する事にしたので、ガイドが$60/日やったから$180をアツキさんと2人で分けて、1人$90(約¥7800-)。
事前に調べた感じだと、ガイドの相場が1日$50~60やったから、まぁそんなもんなんだろう。
ソコトラ島へのチケットが取れたのはマーシーのおかげ!って事で、感謝の気持ちも込めて、明日のマーシーツアーに$30(約¥2600-)で申し込んだ。
内容はサナア近郊のシバーム、コーカバン(カウカバン)、アル・マフウィートを含む周辺都市に行くみたいだ。
元々行きたい所ではあったし、オーケー、オーケー。
a0159697_1123613.jpg

a0159697_114153.jpg
a0159697_1144513.jpg

日も暮れてやっと一通りの手配に目処がつき、夜のサナア観光が出来た!
すごいよね!夜も元気に露店がいっぱい!
世界遺産サナア旧市街に入ると、イエメン人の若者の男の子が馴れ馴れしくやってきて勝手にガイドを始めた。
腹が減ったと言うとケバブ屋に案内され、1人YR1000(約¥400-)。高いだろ?笑
まぁ、勝手に案内して回るガイドの2人も食べてたし、ガイド料として我慢我慢。
a0159697_121224.jpg

で、食事も済んだし疲れてるしで宿に戻ろうとするとガイド2人がガイド料を要求してきた。
$20×2人分だと。
まぁ予想はしてたけど、めんどくさいなぁ。
そう、めんどくさいなぁと感じた僕は、関わらないようにしてたけど、アツキさんが怒ってる!
若者2人にすごく説明するも顔は怒ってる!
両者折り合いがつかないまま、彼らは宿までついてきたけど、宿のスタッフのおかげで払わずに済んだ☆
アツキさん、あの時我関せずでスイマセンでした!笑

この日は疲労が限度に達してたので、そのまますぐに寝ました☆


ランキングに参加しています。
イエメン記事の続きが気になる方、下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | # by binbinbizen | 2011-06-26 01:31 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲


~世界中をてくてくお散歩~

by bin

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

☆自己紹介☆
☆第1回 海外旅行☆
☆第2回 海外旅行☆
☆第3回 海外旅行☆
☆第4回 海外旅行☆

タグ

(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
more...

最新の記事

~世界遺産:シバームの旧城壁..
at 2012-02-04 17:31
~イエメン東部ハドラマウト地..
at 2011-10-01 16:36
~ソコトラ島のビーチと竜血樹..
at 2011-08-21 19:55
~ソコトラ島の小さな診療所で..
at 2011-08-15 15:13
~世界遺産:ソコトラ諸島(イ..
at 2011-08-01 13:53

Camera

-Body-
OLYMPUS
E-5
E-3
PEN Lite E-PL1

-Lens-
・ZUIKO DIGITAL
12-60mm F2.8-4.0 SWD
50-200mm F2.8-3.5 SWD
8mm F3.5 Fisheye
・M.ZUIKO DIGITAL
17mm F2.8


トリップアドバイザー
お勧めブログになりました(イエメン)

--------------------
イエメン
旅行口コミ情報(イエメン)


大好きなBlog
--------------------
Bohemian Days... -自由奔放な女の写真放浪気-

フォロー中のブログ

たびねこ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧