タグ:★イエメン★ ( 9 ) タグの人気記事

by bin | | TOP▲

~世界遺産:シバームの旧城壁都市(イエメン)~

31DEC2010(旅行:9日目)

a0159697_14463869.jpg移動の多いイエメンでの旅、疲労も蓄積中~。。。
7:30AMに起きて、シャワー♪久しぶりにお湯でのシャワーに癒されて、手洗い洗濯☆
何てったって今日は大晦日。身も服もキレイにせんと 笑

この街サユーンに来たのは、世界遺産:シバーム(Shibam)に行くため。
でも、シバームでは年に1回ほどテロが起きていて、外国人旅行者を狙った誘拐や殺人、自爆テロが発生してる街でもある。
なので、サユーンに飛行機で到着するとガイド同行じゃないと街に出れない場合もあります。
今回僕らは、ムカッラから乗合タクシーで来たので、そういった規制はありませんでしたが、シバームに行く為にサユーンのミュージアム内にあるツーリストポリスへ行きました。
a0159697_155284.jpg宮殿は金曜日だからか閉まってたけど、ホテルから連絡してもらってたから中から開けてもらいました♪
ここでTAXI兼ガイドを手配してもらい、運転手と値段交渉。
YR4000(約¥1600-)と言われ、高いなぁって思いながらも仕方ないのでお願いすることに。

a0159697_15113241.jpg

a0159697_15145678.jpg


***車内からの風景


TAXIで約30min程で到着するまでの間は窓から外の風景をぼーっと眺めていました。
この地方で働く女性は、全身黒い布で覆われている他にトンガリ帽子が印象的☆
まるでファンタジーの魔女みたい♪
そうこうしてる間に、シバームに到着!
ってことで、お決まりの記念撮影 笑
a0159697_15271129.jpg

この世界遺産シバームは、別名「砂漠のマンハッタン」と呼ばれ、砂漠の中で土色の高層建築物が林立し、要塞都市となっています。3世紀に誕生したこの街は、この地方の政治・経済の中心地として栄えていました。また、「船乗りのシンドバッドの故郷」ともいえる地域でもあります。

実際はですね、現在のシバームは砂漠の中に突如現れた高層の街!!って感じでは無かった 笑
でも、街中はとても静かでのんびりしてるし、結構好きかなぁ。
a0159697_15451657.jpg

a0159697_15461324.jpg
a0159697_15464891.jpg
a0159697_15473771.jpg

a0159697_15591915.jpgこの街でも人々はとても親切で、好奇心旺盛、何より物腰が柔らかい♪
イエメンで何が一番良かったかと問われれば、間違いなく「人」と答えます。
それ程にイエメン人の無償の優しさ、人懐っこさに出会う事ができました☆

このシバームの織物屋さんで、イエメンの男性が身に付けてるターバン(YR1000=約¥400-)と腰巻き(YR3325=約¥1330-)を買って、見た目をイエメン人スタイルに変身!笑
あとは、乳香と炭、乳香入れをYR1500(約¥600-)で購入☆
手工芸品や、その土地の特産品ってのは大好き!
しかも、TAXIのおっちゃんが結構値段交渉してくれたしね 笑

シバームの街中をTAXIのおっちゃんのガイドで散策し、お次はシバーム全景を見渡す為に対岸へ。
a0159697_1634342.jpg
a0159697_164669.jpg


***アザーンとシバームの風景


お昼頃、サユーンに戻るとドライバーからTEL番号を渡されました。
空港までいくら?」と聞くと、YR2000(約¥800-)と言われましたが、10秒後にはYR500(約¥200-)まで下がりました 笑
希望はYR400(約¥160-)やから後で考えよう☆
さて、ドライバーと別れてサユーンの街中を歩いてましたが、人がいねぇ・・・。
街中が閑散としてて、店も開いてない・・・。
休日の金曜日やからか?
うーん。。。って思ってたら、遠くから大勢の人がやってきた。
モスクからやってきた。
あー、お祈りの時間やったんか!
いくつかの店が開店準備を始めたから、レストランで昼食☆
英語のメニューにcamel meatって書いてたから、「らっくだ♪らくだ~♪」ってテンション上がって注文したら、品切れ・・・。
先客でおった日本人のカップルは食べたらしい。
あ~、食べたかったなぁ、悔やまれる・・・。
まぁ、仕方ないので肉シチュー(YR250=約¥100-)とチャイ(YR30=約¥12-)、食後にオレンジジュース(YR40=約¥16-)を注文☆
だいぶ素手で食事するのにも慣れてきたなぁと実感しながら完食して、店の外に出て歩いてたら、店員が走って追いかけてくるじゃないか。
YR50(約¥20-)多かった!」って言いながら、笑顔で返しに来てくれた。
すげぇなイエメン、正直者やなイエメン人!と思いながら、イエメンに対する印象は時間が経つにつれ良くなってくる♪
食後はサユーンの住宅街を散策することに☆
a0159697_172474.jpg

a0159697_173598.jpg

途中、子供たちから「スーラ(写真)!スーラ!」って言われたから、カメラを向けるとみんな顔を隠す 笑
おもろいなぁ 笑
a0159697_1740861.jpg

途中、地元のおじさんに「この辺りは観光客だけで歩いてたらアカンねんで」って優しく教えてくれたので、「ありがとう、ホテル戻るね☆」って言って、ホテルまで戻りました。

夕方6:00頃、日本は年越しやなぁっと思い、夜7:00頃になると外が騒がしくなってきたから外に行ってみたら店が昼間よりいっぱい開いてた!
ケバブ屋でケバブを買うと、シバームで買ったターバン、腰巻きを身につけてた僕は褒められ、ジュース屋へ行くと、ジュース屋のオヤジにハイテンションで褒められがっちり握手 笑
やっぱりその土地の服装をすると喜んでくれるんやね☆
体調がまだ微妙に悪かったから、水と砂糖とレモンが入ったレモンジュースをYR50(約¥20-)で飲んで、9:00PM頃に早々と寝ました♪


2012年初投稿、下記ボタン↓をポチッとして頂けると単純なので喜びます☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | by binbinbizen | 2012-02-04 17:31 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~イエメン東部ハドラマウト地方へ(イエメン)~

30DEC2010(旅行:8日目)

a0159697_14595410.jpgソコトラ島の後、ふらっと立ち寄った港町Al-Mukalla(ムカッラ)で迎えた朝、この街は時間がゆっくり流れていた。
朝7時半に起きても店はほとんど閉まっていたし、街の外もすごく静かで、すごく穏やかな気持ちでのんびりと何をするわけでもなく、ただ外を眺めていた。


***Al-Mukallaの朝☆


10:30A.M.頃、ホテルをチェックアウトして海を眺めに行った。
a0159697_1573893.jpg

a0159697_1510374.jpg
a0159697_1511119.jpg

a0159697_15171591.jpg

a0159697_15111889.jpg

海も街並みも予想以上にキレイなムカッラ、何よりのんびりした雰囲気のこの街が好きになった。
サユーンへ向かう車中で食べようと、サーターアンダギーみたいなものを買った☆
アツキさんはサンブーサという三角の揚げ春巻きみたいなのを買っていた。
ここのサンブーサは中華風の味付け(店によって中身が違う)で、とっても美味しかった!!
カレー味ばっかりに飽きてたから、僕も買えば良かった。。。

ダッバーブにサユーンに行きたい事を伝えて乗車。
連れて行かれたのは、乗合タクシー乗り場。
そこでサユーンに行きたい事を伝えてパーミットを見せると、ムカッラのツーリストポリスのスタンプもいると言われた!!!
ええーー!!そんなん知らんしーー!!
って思ってたら、チケット売り場の兄ちゃんがタクシーの運転手に事情を説明してくれて、急遽ツーリストポリスへ。
ビザのコピーとパスポートのコピーを要求されるも、この時コピーは持って無かったから焦った。。。
まぁでも、何とかスタンプをGet♪
なぜか1人YR500(約¥200-)払わされたけど、彼らに逆らうと旅行できなくなるから我慢我慢。
再び乗合タクシーの所へ戻り、ツーリストポリスまで走ってくれたタクシー運転手にYR1000(約¥400-)払った。
予想外の出費に痛手やったなぁ。
そのまま、ムカッラスタンプをGetしたパーミットをコピー屋で10枚コピー(YR100=約¥40-)して、今度こそサユーンまでの乗合タクシーを1人YR1700(約¥680-)で購入して、待つことに。
a0159697_15314556.jpg

乗合タクシーを待ってる間、一人のイエメン人に「お金ちょうだい」と言われたが断って、地元のイエメン人達と談笑してたら、さっきの「お金ちょうだい」の彼もいつの間にか談笑の輪に混じってた。
イエメンでは誰でも友達になれる、この雰囲気がすごく大好き。

そうこうしている間に乗合タクシーに客が集まり、9人乗りの乗合タクシーはサユーンへ出発した。
海の側の街ムカッラから、山岳地帯のサユーンに向かっていくルートは、乾燥した荒野を延々と走り、砂埃がすごく、車中は喋る余裕なんてなかった。
口を開けると一瞬でノドが死ぬからね。
ただ、このルートの景色はキレイで、時折外に向かってシャッターを切っていた。
a0159697_15391016.jpg
a0159697_1539301.jpg

途中一回休憩し、合計5時間ほどのドライブで無事サユーンに到着しました☆

Sayun(サユーン)は、イエメン東部のハドラマウト地方の中心都市で近くに空港もあり、世界遺産シバーム
に行くのに好立地の街です。
6:00P.M.頃に、このサユーンに到着しホテルを探して歩いていると、おじさんが「ホテルか?」と声をかけてきたので、「そうそう」と答えると、2つのホテルを指して教えてくれました。
そのうちの1つのホテルに行くと、ツインルーム1室1泊YR4500(約¥1800-)と言われたので、2泊するから合計YR7500(約¥3000-)でどう?と聞くとYR8000(約¥3200-)と言われた。
とりあえず、部屋を見せてくれと頼みシャワーのお湯が出ることが確認されたのでOKしました♪

さっそく荷物を置いて外へ☆
ここで食べたサンブーサはじゃがいもを蒸して、塩コショウの味付けで、まぁ普通かな?
このサンブーサをYR100(約¥40-)分とケバブサンドを1つYR100(約¥40-)で買って、ジュース屋さんでマンゴー・パイナップル・ベリー・ミルクをシェイクしたものをYR120(約¥48-)で飲みました♪
このシェイク、めちゃくちゃ美味しくてイエメン滞在中に飲んだ中では1番美味しかった☆★☆
夕食を終え、疲れた僕は少し洗濯をして8:30P.M.頃に寝ました。。。


【告知】
Brali 【バックパッカーズフリペマガジン】
こちらのBrali Vol.2に現在投稿中のブログ イエメン編を抜粋して掲載していただきました☆
僕のつたない文章はさておき、ここで記事を書かれておられる方々は皆さん素晴らしい旅人さんばかりなので、是非是非読んでみて下さい♪
僕が楽しみに読ませていただいている
ok-beさんの「世界のどこかで何か叫ぶ・・・ かもしれない。」も素晴らしい記事を投稿されています。


久しぶりの投稿再開、下記ボタン↓をポチッとして頂けると単純なので喜びます☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | by binbinbizen | 2011-10-01 16:36 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~ソコトラ島のビーチと竜血樹(イエメン)~

29DEC2010(旅行:7日目)

a0159697_1882716.jpg6:30A.M.頃、ドライバーがキャンプ場にやってきた。
今日は普通に起き上がれたから、体調が良くなったんやと思う♪
この日は2時間程移動してソコトラの西側のビーチ、Qalansiyaの横にあるDitwahへ☆

入場料にYR500(約¥200-)/1人を払って入場。
金取るんかい!って思いながらくつろいでたら、ミルク入りのシャイが出てきて嬉しかった☆
肝心の海はと言いますと、めちゃくちゃキレイ!!!
昨日までいたRushのキャンプ場でもキレイって思ったけど、こっちは比べもんにならん位キレイやった!!
a0159697_18253080.jpg

a0159697_18283485.jpg
a0159697_1830863.jpg

海の水が遠くまで透き通って見えて、一面白い砂で覆われて、何より人がいない!!
今までこんな海を見た事がなくて、ただただ無心になった。
a0159697_18374068.jpg白い砂浜には、小さなピラミッドがいっぱい。
これは、イエメンに来る前に世界ふしぎ発見でクイズになったやつ!
このピラミッドはカニが作ったものです☆

a0159697_18421373.jpg
a0159697_18435095.jpg


***Ditwahのビーチ☆


a0159697_18462368.jpgこんな素敵な場所で1:00P.M.頃までのんびりして、ここを去ることに。
次は何処行くのかな?
もっとここに居たいのに~…。
って思ってたら、竜血樹を見にDixamに行くらしい!

昨日、竜血樹を見るHomhilトレッキングは体調不良で行けなかったから諦めてたのに、Dixamで竜血樹が見れる!!
もうね、めちゃくちゃ嬉しかった!
Dixamには2:00P.M.頃に到着し、たった15分位しか滞在できひんかったんやけど、無理やと思ってた竜血樹が見れたから贅沢言いません!
a0159697_1857479.jpg
a0159697_1911519.jpg


***Dixamの竜血樹☆


あー、このナメック星みたいなのがみたくて、ここに来たんだ!
見れて良かったよ~~~!
でも、ソコトラはここでおしまい。
3:00P.M.頃に空港に送ってもらい、ソコトラとさよなら☆

4:10P.M.に飛行機でソコトラを発ち、5:00P.M.頃にAl-Mukalla(ムカッラ)に到着しました。
空港からムカッラの街まで、TAXIでYR2000(約¥800-)。
30分くらいで街に到着し、歩いて宿探し♪
割とすぐにエアコン付き、お湯無しシャワーのツイン部屋がYR2000(約¥800-、一人:約¥400-)で見つかりました☆
翌日はSayun(サユーン)に行く予定でしたが、アツキさんがダッバーブ(乗り合いバス)でサユーンに行くって言い出した。
僕は病み上がりの体で、サユーンまでの遠い道のりをダッバーブで行くのは絶対に嫌やって、バス会社を回ってバスを探すことに。
バス会社のオフィスのお姉さんが色んなトコに電話してくれたけど、どうやら無いみたい。。。
仕方ない、諦めてダッバーブを覚悟することに…。
a0159697_19482037.jpg

夜は、バナナ15本と小さなリンゴをYR260(約¥180-)と水(0.75L)×2とジュース2本をYR350(約¥245-)、フライドポテトをYR100(約¥70-)で買って、晩御飯にして9:30P.M.頃に寝ました♪


ソコトラ島の竜血樹にビックリした方、下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | by binbinbizen | 2011-08-21 19:55 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~ソコトラ島の小さな診療所で注射(イエメン)~

28DEC2010(旅行:6日目)

a0159697_14322198.jpg朝が来た。
長い長~い夜が終え朝を迎えた。
夜中には何度も寒気と暑さの繰り返しで目が覚めた。
そして朝、起き上がれない…。
頭がぼーっとする。
何とか起き上がったものの、まともに歩けない。

昨日は夕方に寝たから14時間くらい寝たんやけど、それに日本から持ってきてた薬をしっかり飲んでたんやけどフラフラする。
イエメン到着以来体調不良が続いてたけど、この日の朝にピークを迎えた。
なーにも、こんな電気もガスも水道も無い所でピークを迎えんでもええやん!
って、考える余裕も無く、今日はhomhilにトレッキングに行く予定の日。
めちゃくちゃ行きたかったけど、全く普通に歩く事が出来んから断念して、アツキさんとタカさんの2人で行ってもらった…。
a0159697_14401741.jpg

キャンプ場で1人で寝てたらドライバーのおじさんが気遣ってくれて村の病院に連れて行ってくれた。
まるでDr.コトーの診療所のような、村の小さな病院。
ドクターに頭痛と寒気を伝えると、注射をしようと言ってきた。
ん?注射??
使いまわしの針ですか???
と思って怖くなったから断ると、周りにいた子供やおじさんに
「びびってる~~!!」ってな感じに笑われた。
単純な僕は、「びびってねぇよ!!」と思い、やってやるよ!と注射を了解した 笑
注射は結局キレイな針やって、腕にするのかと思いきや、お尻へ☆
正確には、腰の少し下のお尻の部分。
自分でお尻を突き出して「ハイ、ドーゾ。」状態。
ドロップ状の薬ももらったけど、お金は請求されなかった。
すごく申し訳なかった。
勝手に観光に来た日本人が、勝手に熱を出して、貴重な薬をもらった事。
使いまわしの注射だと疑った事。
それに、後々お礼の為に住所とか聞いてれば良かったのに、僕は頭がフラフラしてたから、全くそれ所じゃなくて何も聞けなかった。
a0159697_14504877.jpg

注射はすぐに効いてきて、体がすごく楽になった。
それで、この日はもう一人日本人がソコトラツアーに合流すると言う事で、ドライバーのおじさんと一緒に迎えに行った。
ついでに、マーケットで水や果物を買おうって思ったから。
ハディボに到着して、日本人のNさんと合流♪
その後、ドライバーのおじさんにレストランでご飯を御馳走してもらった。
見たことのない、変な魚料理とドライカレーで美味しかった!!
食後は、マーケットで水0.75L(YR50=約¥20-)を3本と、フルーツジュースをYR200(約¥80-)で買った☆果物は見当たらなかったから断念して、頼まれてたトマトを4つYR100(約¥40-)で買った。
a0159697_15311992.jpg

Nさんと僕、ドライバーのおじさんは再びhomhilへ。
Nさんはhomhilに到着すると、そのままガイドとガイド料を交渉し、YR4000(約¥1600-)からYR2000(約¥800-)に値切ってトレッキングに行った。
僕も元気になってきてたけど、今回もしっかりガマンした。
a0159697_154952.jpg子供たちと少しお喋りしてたら、先にトレッキングに行ってたアツキさんとタカさんが帰ってきた。
合流するとトレッキングガイドと、ガイド料(YR4000)と入場料(YR500/1人)についてもめていた。

2人の言い分はこう、
サナアでマーシーにツアー代として1日$120くらい払ってるのに、何でガイド料は別なのか?と。
それを聞いたガイドはびっくり!彼はマーシーから$50くらいしかもらって無いみたい。
だからガイドからトレッキングガイドにはお金が行ってなくて、トレッキングガイドには個別に観光客が支払ってくれというスタイルだったみたいだ。
僕は彼らが話し合いをしている間、車内でぐったりしてたので詳細はわからないけど、とりあえずお金の問題は解決したみたい。
この日も再びRushのキャンプ場に泊まった。
体調は楽になってたけど、9:00P.M.に寝ました。

*この日、どこかで帽子を無くした。。。
 体調不良で、身の回りに意識が行ってないから仕方ないけど、イエメンは日差しが強かったから重宝してたのになぁぁ。

***ソコトラ諸島のRushキャンプから見た海


ソコトラ島に興味を持ってくれた方、下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | by binbinbizen | 2011-08-15 15:13 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~世界遺産:ソコトラ諸島(イエメン)~

27DEC2010(旅行:5日目)

a0159697_1244855.jpg朝6時に起きて、シャイハリープ(ミルク入りのシャイ:YR40=約¥16-)を飲み、アデン空港に向かう事に☆
しっかし、イエメンに来てからと言うものの、移動ばっかりやし早起きやし、まったくのんびりしてなくて疲れが蓄積されていくーー。。。

アデン空港まではTAXIでYR400(約¥160-)で、8:45A.M.にチェックイン。
手荷物検査を終え、空港内でコカ・コーラを買ったんやけど、YR200(約¥80-)もした!!
ここアデンの空港で、もう1人の日本人、タカさんと出会い、僕とアツキさんの3人でソコトラに向かいます。
9:10A.M.発ソコトラ行きの飛行機は、途中ムカッラに立ち寄ってからソコトラに到着しました☆
今回ソコトラに行くのに利用した飛行機は、
FELIX AIRWAYS(http://www.felixairways.com/)で、イエメンを拠点とする民間航空会社かな?
この飛行機では機内食として、手作りパンケーキと水1本もらえたんやけど、このパンケーキがめちゃくちゃ美味しい!!!
Felix、侮れないわ 笑
a0159697_1324374.jpg
a0159697_136163.jpg

ソコトラ島(Socotra)とは…。
ソコトラ諸島として、2008年に世界自然遺産として登録され、インド洋のガラパゴスとしても、その名を知られています。固有種が極めて多く、独特な動植物が多くみられます。
そんなワクワクなソコトラ島に、行ってきましたーー!
とりあえず、到着した日はRoshに向かって、そこで一晩過ごす事になったんやけど、Roshに行くまでの風景でもう満足☆
海の色が見たことない位に青くて、キャンプするRoshではグリーンやった!
a0159697_13414879.jpg
a0159697_13421536.jpg

a0159697_13435543.jpg

上の写真の海の家受付!みたいなトコで宿泊したんやけど、もちろん、電気、ガス、水道なんて無いからね!
とりあえず、アラビア海で全裸で泳いだり、トイレが無いから野グSOしたり、トイレの後お尻洗うのにアラビア海に入ってゴシゴシしたり♪
まぁ、それ以外はひたすら海を眺めてぼーっとしてた。
途中、テントが出てきて寝るのはテント使っていいみたい☆
日も沈み初めて、タカさんが日本から持ってきてたアラレを食べて、みんな各自で準備してきてた晩飯を食べようとなったけど、僕は体調不良が悪化してきた。
元々体調不良やったのに、テンション上がって全裸で肌寒い海に入ったからか??
理由はなんであれ、体調不良やったから僕は晩飯にバナナだけ食べて、めちゃくちゃ早いけど5:00P.M.に先に寝ました…。


ソコトラ島に興味を持ってくれた方、下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | by binbinbizen | 2011-08-01 13:53 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~サナアからアデンへバスの旅(イエメン)~

26DEC2010(旅行:4日目)

a0159697_17536.jpg前日にイエメン式トイレ(手でお尻をキレイキレイ洗う方式)を経験して、ちょっぴり大人になった僕。
この日は5:30A.M.に起床して、マーシーにバス乗り場まで連れて行ってもらいました☆

バス出発までの間、バスに荷物を預けてシャイtime♪
マーシーにミント入りシャイをご馳走してもらい、体調不調気味の僕にはミントは嬉しかった☆
そういや、昨日のドライブ中に軍人さんにもらった飲みかけのコーヒーも美味しかった!
イエメンって、その昔コーヒー貿易で栄えた国やって、かの有名なモカってのはイエメンの地名なんです。
でも、僕らが一般的に知ってるコーヒーは貿易用に高価で、イエメン国内で一般的に広まってるコーヒーは「ギシル」と呼ばれるもの。
「ギシル」とはコーヒーの豆を包んでいる殻。
これにショウガを加えて煮立てたものがイエメン国内で一般的なコーヒーです。
味はと言いますと、普通に美味しい☆
良く知ってるコーヒーとは、全く別物の味です。
ショウガも入ってるから、これまた体調不良気味の僕には嬉しい飲み物でした。

さてさて、7:20A.M.バスが出発☆
このバスでアデンまで向かいます。
バス内には、観光客らしき人は一人も乗ってなくて、イエメン人ばっかり!
で、みんな僕らに興味津々でめっちゃ話しかけてきて、割と楽しくバス内を過ごせました♪
a0159697_18362740.jpg途中立ち寄った休憩所では、ナンを焼いてる工場を発見して、こっそり顔を覗かせると店の人たちが温かく迎え入れてくれました♪
ここでナンが十数枚入ったものを一袋YR200(約¥80-)で購入して、みんなとお別れしました☆

また、しばらくバス移動が続き、サナアをバスが出発して4時間、イッブて町の近くを通過。
そこは険しい山の上の道で、そこから眺める景色は圧巻!
a0159697_18333773.jpg
a0159697_18343974.jpg

丁度昼食時に、タイズ(Ta'izz)って街に到着し、昼食休憩☆
バスの運転手さんに食堂を案内され、ここでも大量に食事が出てきて二人でYR3200(約¥1280-)。
a0159697_18474881.jpg
a0159697_18482199.jpg

何でこんなにも大量に料理が出てくるんや?
って思って周りを見渡すと、みんなも料理が大量 笑
で、みんなも大量に料理を残す 笑
そーなん?いいのそれで??笑
と思いながらも、僕らも全部食べきるのは難しかったので、ごめんなさいしました。
ここタイズも、後日のイエメンでのデモが激化して銃撃戦が行われた地なんですが、僕らが訪れた時は、とっても平和で、みんなに親切にしてもらいました。
といっても昼食の間だけしかタイズには居なかったんですが。
それでもタイズではたくさんの人たちから親切を受けました。

昼食後は再びバス移動です。
4、5時間くらいでアデンに到着するだろうと当初思っていましたが、結局サナアを出発して、途中休憩を挟みましたが9時間半後にアデンに到着しました。
a0159697_18594497.jpg

アデン(Aden)は南北にイエメンが分かれていた時、イエメン人民民主共和国(南イエメン)の首都であった街で、イギリスの植民地支配を受けていた歴史もある。
気候は標高2300mのサナアに対して、海沿いのアデンは気温が高く、湿気も多かった。
でも、雨はほとんど降らないらしい。
サナアからアデンまでのパーミットチェックは5回あり、そのうちアデンの少し手前のチェックが少し厳しかったです(2010.12.26時点)。

アデン到着後、中心街のクレーター地域までTAXIを探すことに。
最初YR2000(約¥800-)だったが、色々なTAXIに聞きまくって、YR600(約¥240-)で行ってもらいました☆
クレーター地域に到着後、すぐに変な男に捕まった…。
しつこく付いてきて、ご飯一緒に食べよう!とかガイドするとか言ってきたけど、めんどくさかったし、何より僕は海に行きたかっただけやから、ホテルだけ教えてもらいました。
それでアデンではYR2500(約¥1000-:一人1泊約¥500-)の宿を確保♪
無事ホテルが決まった僕らに男は「観光しよう!」と言ってきたが、僕はひたすら「寝る!疲れてるんだ!」と言い張った。
こんな時間にもう寝るの?そんなに寝れないよ!」と言い返してきたが、「寝る!」の一点張りで、礼を言って諦めてもらった。
男が諦めた事を確認して、アツキさんと急いで海へ!!
アラブ海にやってきたが、少し時間が間に合わず、日没後の到着になってしまった。
a0159697_19183073.jpg

海で少しお話しした後は、近くの大型スーパーに行ってソコトラ島で食べる食事の買出しへ☆
スーパー内は荷物を預ける方式で、店内の写真撮影も禁止されていました。
食料は豆の缶詰×2、シーチキン缶、水1.5L、マフィン、ケーキ、インスタントラーメン×2、バナナ、7up(ジュース)×2を買ってYR1580(約¥630-)。
うーん、激安スーパー最高やね♪
a0159697_19284179.jpg

夕食は、バス休憩時に買ったナンと7upを持参してケバブ屋へ行き、2人でYR700(約¥280-)でケバブを食べました☆
食後にマーケットで水着代わりのズボンをYR2000(約¥800-)で買って10:00P.M.に寝ました♪


ランキングに参加しています。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | by binbinbizen | 2011-07-25 19:31 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~地元っ子とサッカー(イエメン)~

25DEC2010(旅行:3日目) ~その2~

a0159697_16101929.jpgコーカバンを後にした僕らは、次のシバーム(Shibam)の街で昼食をとることにした。
ガイドのオジサンに連れられて入ったレストランはすごくキレイで、壁にはイエメンのサレハ大統領の写真が飾られていました☆

a0159697_16124076.jpg

僕らはしばしの休憩を楽しんでいると、何かね次から次へと料理が運ばれてきた。
それもね、炭水化物が大半を占める料理ばっかり 笑
その量、10皿以上!!
もうね、ただただ苦笑い 笑
a0159697_16151553.jpg

僕らが注文した訳やないんやけど、ごめんなさい、大半を残すことになりました。
もちろん、こんだけ料理が来たんやから代金も高いよね。
合計YR3000(約¥1200-、一人:約400-)。
a0159697_16175548.jpg


食後は早々にシバームを離れ、次の町ハバーバ(Hababah)へ☆
ハバーバの町の入り口には貯水池があり、周りを家々が囲んでいました。
a0159697_16212862.jpg

a0159697_16215866.jpg

ここでの滞在時間は、なんと15分しかなくって全然楽しめなかったーーー!
貯水池のほとりでお喋りしている人たちに混ざりに行きたかったのになぁぁぁぁ。
a0159697_16234553.jpg


ハバーバでの思い出を作れないまま、車で20分移動し、このツアー最後の街スィーラ(Thilla)にやってきた♪
スィーラも城壁に囲まれた要塞都市。
僕らが街に到着した途端、いくつかのお店が急に開店しだした!
30分で出発だからな。
ガイドのオジサンにそう言われて、慌てて路地裏散策を開始した!
すぐに、この街の若者に捕まり、ガイドを申し出られた。
でも、めんどくさかったのでマイペースにかわして散歩を楽しんだ☆
a0159697_16274669.jpg

a0159697_16282273.jpg

先ほどのガイドを申し出た若者はずっと付いてきて、自分の店に寄ってくれとしつこかった。
(ちょっと!自由時間は30分しかないんやぞ!!)
と思いながらも、ずーっと付いてくるもんやから、根負けして店に行ってあげた。
でも、品揃えは思ったよりも良くて、壁に飾る用にネックレスを買おうと思ったら、何と$60(約¥5200)と言うではないか。
馬鹿じゃねぇの?と思い、交渉の末YR2000(約¥800-)で購入。
それでも、高いんじゃないかなぁと思ったけど、まぁ一応納得の値段やから、別にいいや☆
で、再び散策しようとしたら何を調子に乗ったのか、次の店も見てと言い出した。
もう、さすがに嫌やったから帰る!って言って車に戻った。
それでもずーっと付いてきてたけど、無視!
でね、車に戻ると広場でサッカーしてる人たちを発見!
a0159697_16353394.jpg

a0159697_1636431.jpg

男の子、女の子、青年、オジサンと色んな人たちが一つのボールを蹴って遊んでた!
これは混ぜてもらわねば!!
と思い、割と自然と混ぜてもらって、みんなでワイワイ遊んでた♪
遊んでたんだ。。。
すると、よく見ると、さっきまで店に来い来い!とうるさかった若者も混じってるじゃないか!
さっきまでの様子とは違い、彼は今、純粋にみんなとサッカーを楽しんでいる。
何て切り替えの早い人だ!笑
そう思いながらも、僕もその状況と、今のサッカーが楽しかったから、一気にさっきまで少しイライラしてたのがバカらしく思えて、少しイエメン人の性格を感じた気がした 笑
僕はもう、この街を離れないといけない時間になったので、みんなにサヨナラした♪
みんなと握手して回ってたら、女の子には拒否された 笑
まぁ予想はしてたけど、一緒にサッカーを楽しんでた女の子やったから握手できるかなぁって思ったけど、無理やった。
でも、すごく申し訳なさそうな顔をされたから、すっごく笑顔で別れを告げた☆
思いのほか、スィーラで楽しい時間を過ごし、僕らはサナアに戻った。
ツアー出発から約9時間半、ガイドの運転手さんご苦労様でした♪
a0159697_1648922.jpg

a0159697_1650516.jpg夜のサナアを散歩して、夕食に★
この日はオムレツとレバー肉、ナン、マンゴージュースを楽しみました。
レバー肉が最高に美味しかった 笑

宿に戻り、なんと55時間ぶりにシャワーを浴びて、11:00P.M.頃に寝ました☆
疲労が蓄積されていっているのを感じながら・・・。

※パーミット情報(2010.12.25時点:サナア~アル・マフウィート)
アル・マフウィートまでパーミットチェックは計3回(片道)ありました。
パーミットには多分、通行する日程、移動手段、目的地が記載されていると思いますので、バスで行くか、車で行くか等の旅程をしっかり立て、その通りに移動しないと追い返されると思います。
お気をつけ下さい。


ランキングに参加しています。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | by binbinbizen | 2011-07-15 17:00 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~イエメン地方都市ドライブ(イエメン)~

25DEC2010(旅行:3日目) ~その1~

a0159697_111344100.jpgこの日は7:00A.M.からマーシーツアーに行く予定だったから、6:30A.M.に起きたら旅のパートナー「アツキ」さんは起きていた。
どうやら早朝に目が覚めたらしい。
大騒音によって・・・。
ん?何かあったんかなぁ?と思ってたら、早朝4時~6時頃まで大音量でアザーンが聞こえてきたらしい。
「窓際に寝てて、全く起きなかったの、すげぇっすね!」って。
そう言われましても・・・。笑

さてさて今日は日本にいる時から行ってみたいと思っていた、アル・マフウィート、シバーム、コーカバン(カウカバン)方面へのツアーなのだ☆
景色は絶景!見渡す限りの岩山にポツポツと植物と家々。
ガイドの運転手さんが結構細かく、ビューポイントで停車してくれる。
a0159697_11285782.jpg

a0159697_11363521.jpg

でもね、岩山の景色なんて思ってる以上にすぐに飽きてくる。
それよりもドライブ途中で通る小さな町のイエメンの日常風景の方が見ていて楽しい☆
a0159697_11331640.jpg

a0159697_1138750.jpg
a0159697_11385189.jpg

a0159697_11394254.jpg途中、小さな町で朝食を食べる事に☆
メニューはナンみたいなパン、カレー、シャイ。
結構お腹減ってきてたから、これが美味しいのなんの!
昨夜はトマトいっぱいソースとケバブやったから、トマト嫌いの僕は昨夜はあんまり食べれなかった。
だから、ここではお腹いっぱい食べれて幸せやった♪

さてさて再びドライブ。
また、延々と岩山と時折小さな町を挟みながら・・・。
飽きたと言っても、それなりに楽しんで風景をぼーっと眺めてた。
同行者のアツキさん、オジサンはちょくちょく寝てた 笑
後になって思えば、僕も寝て疲労回復に努めれば良かったなぁって思った。
さて、サナア出発から3時間程経ったところで目的地アル・マフウィート(Al-Mahwit)に到着♪

アル・マフウィートは絶壁にある城塞都市。
a0159697_1261425.jpg
a0159697_1265131.jpg

↑この写真ではどこが絶壁??って思うでしょうけど、次の写真をご覧ください。
a0159697_1292150.jpg
a0159697_1294827.jpg

ね?断崖絶壁の城塞都市でしょう。
これを撮影した別の山で軍人さんに会って、ひたすらムスリルについて説明を受けました。
双方ともに語学力に乏しいため、なんとなぁぁくしか分かりませんでしたけどね!!

次に到着したのは出発から5時間後。コーカバン(カウカバン、Kawkaban)♪
コーカバンも崖の上の町で、この後行く崖下の街シバームの、交易で栄えた経済力によって支えられている。
一方シバームにとってのコーカバンは有事の際の逃げ場となっており、双方支えあって成り立っているらしい。
a0159697_12332685.jpg

a0159697_12342516.jpg

それがコーカバンの町の入口に行くとよく分かる。崖の上に強固な城壁が今でも残っており、下を覗くとより一層コーカバンの町の高さを感じる事が出来た。
a0159697_12372666.jpg

町の中に入ると殺風景な風景が広がっていた。
ボロボロの建物に加えてひと気が無かった事が原因なんだろうね。
a0159697_1345914.jpg

a0159697_12464561.jpg

コーカバンの貯水池で降ろしてもらい、アル・マフウィートでは出来なかった町中散策!!
さてさて遊ぶぞーーー!
アツキさんと路地を散策していると、子供3人発見!!
何して遊んでるんかなぁって思って近づいてみると、藻を投げ合って遊んでいた 笑
a0159697_12532141.jpg

おもろいやんけ 笑
仲間に入れて欲しかったけど、まだまだ路地散策を続けたかった僕は、この場をアツキさんに任せて1人で散策再開☆
a0159697_12554148.jpg

a0159697_12563258.jpg

a0159697_12571955.jpg

てくてく散歩しながら家の壁の中を撮影してたら、上の写真が撮れたんやけど、きっとトイレ後やんね?笑
絶対トイレ後やと思う!
イエメンのトイレは紙が無いから、用が済んだらお尻を水で洗うから、その時に立ち会ったんやと思う!笑
で、その後もてくてく歩いてたら、この町の子供に声をかけられた☆
a0159697_1324999.jpg

最初はこの子達4人にロバを披露されたりしてたんやけど、気付いたら10人位に囲まれて質問攻め!笑
とにかくアラビックしか話さないから言ってる事理解できんのやけど、めっちゃテンション上がって終始笑いっぱなし♪
英語の教科書を見せられて、頑張って意思疎通☆
他の教科書も見せられたけど、何の教科書か分からない!!
だって、全部アラビックで書いてるから教科が何なのかも特定できない!
でもね、子供たちはすごく元気で、目が澄んでて気持ち良かった!
なんとね、スナック菓子までくれた 笑
しかも美味しかった!
しばらくすると、遠くから車のクラクションの音が。
あ、出発かな?そう思い、みんなにサヨナラして走って車の方へ行くと、みんなが車に乗って僕を探していた。
やっぱり自分の足で散策するのが一番楽しいね♪
だから、僕にとってはアル・マフウィートの街より小さなコーカバンの方が楽しかったな☆

続く・・・。


ランキングに参加しています。
最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | by binbinbizen | 2011-07-08 13:15 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲

~未知の国への旅(イエメン)~

23DEC2010(旅行:1日目)

今回はカタール航空☆
関空11:50P.M.発でドーハで乗り換え♪


24DEC2010(旅行:2日目)

a0159697_23275952.jpg5:00A.M.過ぎにドーハの空港に到着。
大きな空港ではありませんでしたが、過ごしやすくて好きかな?
まぁ、飛行機の設備とか空港とかあんまり興味がある方じゃないので、次のイエメン行きの飛行機の時間まで5時間位あったけど、ずっとネットしてた。
初めて旅行に持って行ったスマートフォン、意外と便利やね。

そんなこんなでイエメンへ!
初めてのアラブ!アラビック!ってか、イエメンって何があんの??笑
って気持ちでワクワクしながら飛行機に搭乗しました☆
a0159697_2359723.jpg

そんでイエメンに到着したんやけど、入国審査めっちゃ楽やった!
イエメンの首都、サナアの空港はめっちゃ小さくてこじんまりとしてたから、だらだらと入国審査されるのかなぁって思ってたから拍子抜け。
で、この空港でこの旅のキーマン「アツキさん」に出会う。
荷物が出てくるん待ってたら話しかけられて、一緒に旅をする事に。
彼は当時学生さんで僕より歳は下ですが、旅では大先輩。
いろんな国に旅行されていて、学ぶ事が多かった。
で、空港でお互いの今後の予定を確認。
結果・・・。
二人とも今後の予定どころか、今晩の宿すら未定!
まぁ今までの旅でも宿は毎回現地調達やったけど、今回のイエメンに限っては日本にいた時に得られる情報が少なかったから、ってのもあったんやけどね。
でまぁ、イエメンの情報を得たいという思いから、日本人が多く集まる「Manakha Tourism Hotel」に行く事で合意。
んで、日本にいる時に調べてたイエメンの国内線を扱ってるオフィスが空港内にあるので探すけど、わからん。
だって今日、金曜日やから。
イスラム圏の国は金曜日が祝日。
だから何処のオフィスも閉まってて、わからんかったんよ。
ソコトラ行きのチケットを購入したかったんやけど断念して、空港内の両替屋は開いてたから、少しイエメン通貨に両替。
そこで更に日本人の51歳のオジサンがパーティーに加わりました。

さてさてやっと空港から出てサナアの中心部へ行く事に。
この辺くらいからかな?
3人で動くなら!って僕の思考回路を停止したのは。 笑
考えるんめんどくさいし、ついていけば良いや。って思ってた。 笑

とりあえず空港からサナア中心部まで行くにはダッバーブ(乗合バス)に乗ってハサバへ行って(YR40=約¥16-)、ハサバでダッバーブを乗り換えてサナア中心部のタハリールまで(YR30=約¥12-)行くんやけど、ただただついて行ってただけ。笑
a0159697_0203229.jpg

ダッバーブは中古のハイエースで、そこに人が乗れるだけ乗るスタイル。
車内ではめちゃくちゃ話しかけられる。
ハサバで乗り換えるバスを探していたら、イエメン人男性がいきなり当たり前の様に案内を始めた。
その人、何か忙しそうに見えたのに、やたら丁寧に案内してくれる。
あー、お金要求されるんかなぁって思ったら、案内してくれて去って行った。
え?何なの?普通なん?
そのオジサン、自分の用事で忙しそうやったのに、そっちのけで案内してくれた!
ここポイントね。何のポイントかと言うと、密かにテンション上がったポイントね。
ただただ無心で後をついて行ってただけやけど、この瞬間めっちゃテンション上がったからね!笑

んで、「Manakha Tourism Hotel」に到着☆
アツキさんと2人で一泊YR1400(1人:YR700=約¥280-)。
で、ここに泊まる日本人はほとんど会ってるであろう、マーシーと出会った。
数々のブログで賛否両論の彼。
さてさて、僕らはどう感じるだろうか。
a0159697_0291161.jpg僕としては旅行初日は移動疲れを回復したいから、いっつも初日はのんびり周辺散歩に徹するんだけど、後をついていく楽な道を選んだ僕はアツキさん、オジサンと3人でワディ・ダハールとロックパレスに行く事になった。
3人でタクシー1台に乗りこんでかかった費用はYR3000(約¥1200-、1人:約¥400-)。

←マーシーじゃないよ、タクシーの運転手!

宿の値段からしたら高かったけど、行きたいとこやったし行ってきました(パーミット不必要:H22.12.24時点)。
a0159697_035299.jpg

a0159697_0382715.jpg

ロックパレスに到着したんやけど、入場料が地元民はYR150(約¥60-)やけど外人はYR1000(約¥400-)。
そんなに入りたい気分でもなかったから、入らずに周りをうろうろしてました☆
a0159697_0421486.jpg

イエメンでは、特にサナアではカートと呼ばれる葉っぱを噛んでる男性を多く見かけます。
カートとは?←ここのHPに詳しく書かれています。
ここロックパレスでも多くの男性が日陰でカートを噛んでいました。
ほんと、仕事してないの??
て思うくらい、ぼーっとしてひたすら噛みながらお喋りしています。
僕もおすそ分けをいただいたのですが、マズイ!めっちゃマズイ!
で、写真をよく見てもらうと分かるんですが、みんなお腹に短刀を入れてるんです。
これはジャンビーアってやつで、僕もここワディ・ダハールでジャンビーアを$10(約¥870-)で購入♪
これ、欲しかったんよね~☆

ワディ・ダハール・ロックパレスのプチドライブを終え、宿に戻ってマーシーにソコトラチケットを相談すると、すぐにFelixの本社に連れて行ってくれました!
本社ビルには職員が数名いて、ソコトラ島までのチケットを無事購入!
サナア発は満席だったから、2日後のアデン発で購入できました☆
でも、アデン→ソコトラ→サナアやと、つまらんねぇって話しになって、購入したのはアデン→ソコトラ、ソコトラ→ムカッラ、サユーン→サナアの3便で$329(約¥28500-)。
さて、ここからが大変!
アデンまでのバスチケットとパーミットの準備、ソコトラでのガイドの手配、ムカッラ→サユーンまでのパーミットの手配と、準備が大忙し!
でも、パーミットはマーシーが手際良く手配してくれて(無料ですが、パスポートとビザのコピーが必要。ビザのコピーはイエメン入国スタンプが入った物。)、アデンまでのバスチケットも無事購入できました(YR2000=約¥800-)☆
ソコトラ島では3日間滞在する事にしたので、ガイドが$60/日やったから$180をアツキさんと2人で分けて、1人$90(約¥7800-)。
事前に調べた感じだと、ガイドの相場が1日$50~60やったから、まぁそんなもんなんだろう。
ソコトラ島へのチケットが取れたのはマーシーのおかげ!って事で、感謝の気持ちも込めて、明日のマーシーツアーに$30(約¥2600-)で申し込んだ。
内容はサナア近郊のシバーム、コーカバン(カウカバン)、アル・マフウィートを含む周辺都市に行くみたいだ。
元々行きたい所ではあったし、オーケー、オーケー。
a0159697_1123613.jpg

a0159697_114153.jpg
a0159697_1144513.jpg

日も暮れてやっと一通りの手配に目処がつき、夜のサナア観光が出来た!
すごいよね!夜も元気に露店がいっぱい!
世界遺産サナア旧市街に入ると、イエメン人の若者の男の子が馴れ馴れしくやってきて勝手にガイドを始めた。
腹が減ったと言うとケバブ屋に案内され、1人YR1000(約¥400-)。高いだろ?笑
まぁ、勝手に案内して回るガイドの2人も食べてたし、ガイド料として我慢我慢。
a0159697_121224.jpg

で、食事も済んだし疲れてるしで宿に戻ろうとするとガイド2人がガイド料を要求してきた。
$20×2人分だと。
まぁ予想はしてたけど、めんどくさいなぁ。
そう、めんどくさいなぁと感じた僕は、関わらないようにしてたけど、アツキさんが怒ってる!
若者2人にすごく説明するも顔は怒ってる!
両者折り合いがつかないまま、彼らは宿までついてきたけど、宿のスタッフのおかげで払わずに済んだ☆
アツキさん、あの時我関せずでスイマセンでした!笑

この日は疲労が限度に達してたので、そのまますぐに寝ました☆


ランキングに参加しています。
イエメン記事の続きが気になる方、下記ボタン↓をポチッとして頂けると励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

[PR]
by bin | by binbinbizen | 2011-06-26 01:31 | ☆第4回 海外旅行☆ | TOP▲


~世界中をてくてくお散歩~

by bin

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

☆自己紹介☆
☆第1回 海外旅行☆
☆第2回 海外旅行☆
☆第3回 海外旅行☆
☆第4回 海外旅行☆

タグ

(14)
(13)
(11)
(11)
(9)
(4)
(3)
(1)
(1)

以前の記事

2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
more...

最新の記事

~世界遺産:シバームの旧城壁..
at 2012-02-04 17:31
~イエメン東部ハドラマウト地..
at 2011-10-01 16:36
~ソコトラ島のビーチと竜血樹..
at 2011-08-21 19:55
~ソコトラ島の小さな診療所で..
at 2011-08-15 15:13
~世界遺産:ソコトラ諸島(イ..
at 2011-08-01 13:53

Camera

-Body-
OLYMPUS
E-5
E-3
PEN Lite E-PL1

-Lens-
・ZUIKO DIGITAL
12-60mm F2.8-4.0 SWD
50-200mm F2.8-3.5 SWD
8mm F3.5 Fisheye
・M.ZUIKO DIGITAL
17mm F2.8


トリップアドバイザー
お勧めブログになりました(イエメン)

--------------------
イエメン
旅行口コミ情報(イエメン)


大好きなBlog
--------------------
Bohemian Days... -自由奔放な女の写真放浪気-

フォロー中のブログ

たびねこ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

画像一覧